大阪【東住吉・駒川中野】の地域の笑顔を支える整骨院ファースト » 偏平足による骨盤のゆがみ~整骨院ファースト【東住吉区・針中野・駒川中野・平野区】

9:00 - 12:00 16:00 - 21:00 [休み:火曜日、日祝の午後]【日祝の午前は受付しています】
06-6700-5255

偏平足による骨盤のゆがみ~整骨院ファースト【東住吉区・針中野・駒川中野・平野区】

2016年08月5日 | ひめトレ, ブログ, 健康, 骨盤矯正 |


骨盤の歪みと聞くと、『腰が悪いのかな?』とか『背骨が悪いのかな??』

 

なんて、事を想像してしまいがちですが・・・

 

実は、下半身のバランスの悪さが原因となっていることが非常に多いのです。

 

下半身、、、特に足元ですね。。

 

足部は、人間(二足歩行の生き物)の土台となる重要器官です。

 

建物でも、積み木でもそう。。。

 

下の土台となるパーツが、グラついたり・バランスが崩れていたり・変形していたり。。。

 

そんな状態だと、上に載っているパーツがバランスよく直立できるわけがありませんよね??

 

それと同じで、人間の身体全体も土台となる下半身がゆがんだ状態では綺麗保てないんですよ( ゚Д゚)

 

”骨盤は身体の土台”的な事をよく聞きますが、それはあくまでも『寝かせた状態』、『無重力状態』での考え方かと思っております。。。

 

だって、重力下で二本の脚で立って歩く状態を考えると土台は足部になるからね☆

 

で、偏平足っていうのが足部のバランスが崩れてしまった状態の事

 

足部(足底)には、アーチ構造というものが存在します。

 

その、アーチ構造っていうのが土踏まずの事なんですね。

 

土踏まずがシッカリと形成されている足は、身体全体をしっかりと支え身体の水平を保ってくれます。

 

しかし、土踏まずが崩れてしまった足の場合は、下半身(特に膝~足首)の部分が内側へと傾く『外反足』という状態になってしまう事が多くなります。

 

この場合、足全体が内側へ傾くことになるので、歩行時に親指の内側が地面へと押し付けられる形となり、外反母趾の原因となってしまうのです。

 

だから、足の健康は骨盤、体、姿勢などの調子を左右するんですよ☆

 

もっと注目してくださいね~(^_-)-☆